白か黒か!

世の中には圧倒的に黒!(笑)

 

冗談はさておき、

白黒はっきりさせたいのが人の性ですが、

世の中のほとんどはグレーでできている。

白に近いグレーからほとんど黒に近いグレーまで様々なトーンのグレーでできている。

そして、その色すらも見る人によって違ってしまう。

それぐらい世界の色なんて当てにならないのだ!

ある芸能人が不倫の報道の時に「オフホワイト」「グレー」とか言っていたけど

まさに白黒でない世界がこの世なのだ。

 

だけど、どうしても白黒はっきりさせたい人が身近には必ずいるはずだ。

誰が悪いとか、私は絶対正しいとか、間違ってないとか・・・

白黒はっきりさせられたら、めっちゃスッキリするけど。

でも、やっぱりグレーを白とか黒とか言うのは自己満足の世界でしかないのだ。

まさに、裸の王様状態なのだ!

だから、そう言う人には言わせておけばいい!

そんな人と白だとか黒だとかグレーだとか言い争っても、

結局、色は決まらないのだ。

 

この金魚の色が違って見えるように

白の線の上に黒の丸があるように見えたり

止まっているはずの絵が動いて見えたり

 

目ですら何度見ても錯覚を起こしてしまうのだから、

意識や記憶など曖昧なもの、

みる人自身の何重ものフィルターを通して感じる世界は

錯覚どころか歪んだ世界としか言いようがない。

 

だから、その世界で生きている限り

あなたが白とも相手が白とも言えない世界なのだ。

そうまさにグレーの世界がそこにはある!

 

ちょっと哲学的な話になってしまって分かりズラくなってしまった!!!

 

白か黒か問われたら?

私の世界では白(黒)!と答えよう!
そして、相手が白(黒)と訴えてきたら、あなたはそう見えているのね。
って相手の世界の色を受け入れよう!
多分言い争いになっても、見えているものは本人が気づかない限り変わらない。
そして、それを言いくるめようとする
あなた自身が見えている色ももしかしたら違うかもしれない。
だから、色の議論をするよりは、もっとお互いが生きたい未来の話をした方が
きっとものごとは解決すると私は思う。

 

あなたはグレーの世界を受け入れられますか?

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です