男性性?女性性?ってなに?

今日は、男性エネルギーと女性エネルギーについての難しいお話です(笑)

できる限りわかりやすく説明できるといいなぁ〜!

 

人には必ず両方があります!

男性にも男性エネルギーと女性エネルギーがあるし、

当然、女性にも女性エネルギーだけでなく、男性エネルギーがあるんだ!

 

これは、求められる状況においてどちらのエネルギーが強くでるか変わってくるんだ。

特に、リレーションシップにおいては大事なパートナーとの関係性で、

どっちのエネルギーが出てくるか変わってくる!

 

男性の男性エネルギーが強いと、自然と女性の女性エネルギーが強くなる。

その逆もあり、女性の男性エネルギーが強くなると、男性の女性エネルギーが強くなるんだ。

補完関係になっているんだよね!

 

例えば、

『私の彼氏は全然男らしくない!』

『全然ダメ。』

『もっとリードして欲しいし、グイグイ引っ張っていって欲しいの。でも、全然そんなことしてくれないからしょうがなく、色々なことを私が決めてあげてるの。』

このような男性エネルギーの強い女性だと男性パートナーの男性エネルギーはどんどん弱くなって行き、女性エネルギーが強くなります。

なので、こういう女性は男性エネルギーの強い人を求めて、男性エネルギーの強い人と付き合っても、女性の男性エネルギーが変わらなければ、きっと同じような状況に遅かれ早かれなる。

俗にいう「あげまん」「さげまん」などというのはこういうところからきているのではないだろうかと思ってます。

この男性エネルギーと女性エネルギーのことを知っているということは、リレーションシップにおいて、とても役に立つ。

だって、もし彼氏や旦那にもっと男らしくなって欲しいなら、

あなたが女性エネルギーを強く出せばいいだけ!

 

それとこの男女エネルギーはリレーションシップの大切なパートナーとだけのことでもない!

親子間でも補完関係になっていたりするのだ。

 

男の子に『あんたもっとしっかりしなさい!あー、もうドジなんだから!だからダメなのよ。」っていうお母さんを見たことはないだろうか。

まさに男性エネルギーが強く、女性エネルギーの強い男の子になりやすい典型的なパターンである。

子供は、男性エネルギーを出すと叱られるので、自然と女性エネルギーを出しやすくなる。

 

もし、男の子にもっと男らしくなって欲しいなら、

ある程度のわがままや自己主張を容認しないといけないし、

ガミガミとあーでもないこーでもない、

もっとアレしなさい、コレしなさいと口うるさくいうのは逆効果なのだ。

男性エネルギー発揮できる場面で思い切って発揮させてあげればいい。

 

じゃあ、そもそも男性エネルギーってなによ!女性エネルギーってなによ!

そんなこと言われても!って思ってきましたよね!

 

でも、それは長くなったのでまた明日(笑)

 

ちなみに私は、強い女性もかよわい女性もどちらも好きです❤️

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Follow me!

男性性?女性性?ってなに?” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です