新入職者はツライ!

看護師にいつが一番ツライ時期でしたか?って聞くと、

ほぼ100%の人が最初の1年目って答えます(笑)

たかが1年ですが、されど1年です!

何故そんなにツライか・・・

新入職者の多くの人は、

社会人1年目であり、

看護師1年目であり、

新しい環境1年目だからだと思います!

 

新しい学校に入学したり、転校したりすると、

ルールも違えば、やり方も違う、人間関係もリセットされて出直し状態になりますよね。

その状態に加えて、社会人としてのマナーとか

学生から職業人となり、

職業人としての心構えと責任、

さらに看護師として基礎知識や技術を

使える知識・技術へブラッシュアップしていかないといけない。

勤務時間で夜勤が始まったりなど、

今まで経験してこなかったことが怒涛のように襲ってくる!

そんな状況でただでさえアップアップしているのに、

1年目はみんなから良くも悪くも注目されているので、

「あーでもない、こーでもない」って言われることが多い!

 

だから、私は思う!

1年目の看護師に多くを期待するのはやめて欲しい!

決して期待するな!と言っているんではなくて、

その新人のキャパを超えない程度の期待にして欲しい。

新人は職場に来るだけでかなりストレスなんです。

先輩の話を聞くだけでストレスなんです。

 

だから、労ってください!
とにかく、頑張りを認め、できていることを承認し、
立ち止まらず、もがいているだけで素晴らしいじゃないですか!
どんな新人にもその人にしか出来ない看護があり、
その人にしか出来ないケアがある!
だからこそ大切にそれを育む時期!

いや、1年目は見守る時期だと思ってください!

育てようとするのは2年目からでお願いします(笑)

 

教えすぎ症候群の方々!

水が溢れそうで、いっぱいいっぱいの状況なので、

それ以上水を注がないでください!

そのコップには、知識以外にも色々なものが入ってます。

むしろ知識はほんのちょっとしか入ってないかもしれません。

でも、溢れそうなコップにはもう何も入りません。

だから、そっと見守り

あなたの大事なエネルギーを別の大切なことに使ってください!

 

真面目な方ほど教えすぎ症候群になりやすく、

責任感が強い人ほど教えすぎ症候群になりやすく、

熱心な人ほど教えすぎ症候群になりやすく、

知識が多い人ほど教えすぎ症候群になりやすく、

看護が好きな人ほど教えすぎ症候群になりやすい。

 

そう!

教えすぎ症候群になるひとは、

とても素敵な看護師さんばかり❤️

 

でも、1年目にはそれが逆に辛いのです。

素敵な看護師さんに出来ないと言われることが、

出来ないと思われることが辛いのです。

だから、必要以上に頑張ろうとしたり、

必要以上に自分はできない人間だ、

私は看護には向いていないって、

思っちゃうんです!

そんな素敵な看護師さんに、
できていることを褒められたり、
頑張りを労われたりしたらどうですか・・・
きっと泣きたくなるほど嬉しいと思います❤️

きっとあなたの心からの優しい言葉を1年目は待っています!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です